BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「五分後の世界」 1994

五分後の世界 (幻冬舎文庫)

  

感想

 ほとんど改行もなくリアルな戦争描写が延々と続く。1945年、あの戦争があの形で終わらなかった世界。

 

 そこに描かれる日本人は、今の我々とは違い、誇りを持って世界と向き合っている。それが本来あるべき姿のはずだったのに、いつの間に日本人はこんなことになってしまったのだろうか?なんだか今の我々と比較して情けなくなってしまった。

 

 ただし、この小説の世界が続いていたら嫌だけど。どんなに平和ボケだと言われようとも。平和ボケって、駄目な事なのか?

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

五分後の世界 (幻冬舎文庫)

五分後の世界 (幻冬舎文庫)

 

五分後の世界 - Wikipedia

 

 

関連する作品

続編 

ヒュウガ・ウイルス―五分後の世界 2 (幻冬舎文庫)

ヒュウガ・ウイルス―五分後の世界 2 (幻冬舎文庫)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com