BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「電車男」 2005

電車男 スタンダード・エディション [DVD]

 

感想

 恋愛に縁のなかった男が、インターネットの掲示板を通して多くの人間に助言され励まされ、恋を成就させる物語。だから、セリフというよりもパソコンの画面、テキストでのやりとりがメインになってくる。手紙などの文字の表現は役者に独白として読ませるとか、しばらくその文字を映すとかぐらいしかないが、この映画ではそれ以外の手法も使っていて、なかなか工夫していた思う。

 

 エルメス役を演じる中谷美紀が異星人のように描かれていてそんな奴いないだろ、と思ってしまうのだが、良く考えてみると、あまり異性との接点がない人間が、あまり異性との接点が無かった人間から異性の話を聞くと、こんなようなイメージを作り上げてしまうのかもしれない。妄想というか。すべて、ネットというフィルターを通して作られた話なので。

 

 

 だからか、ラストはかなり大げさ。彼女を探すために街中、自転車をなぎ倒しながら駆けずり回り、鞄や上着を投げ捨て。告白シーンはこれでもかと喋りまくるし。少しうんざりしてしまった。

 

スタッフ/キャスト

監督 村上正典

 

脚本 金子ありさ

 

原作 電車男

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

中谷美紀/大杉漣/西田尚美/伊藤淳史/伊東美咲/瑛太/国仲涼子/岡田義徳/三宅弘城/佐々木蔵之介/木村多江

 

音楽 服部隆之

 

電車男 スタンダード・エディション [DVD]

電車男 スタンダード・エディション [DVD]

 

電車男 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com