BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ロマンス」 2015

ロマンス

★★☆☆☆

 

  意味深な手紙を送ってきた母親を、なぜか車内で万引きをしようとした男とともに探すことになったロマンスカーの車内販売員の女性。

 

 自分の仕事中に万引きをしようとし、逃げたのを捕まえ、言い争いまでした男に、半分拉致されるような感じで連れ去られるのだが、それで主人公が平気でいられるのがよくわからない。一連の流れから見れば、絶対ヤバいやつのはず、何されるかわからないと考えるのが普通だと思うのだが。そこが理解できないので、その後の展開に今いち感情移入できなかった。

 

 人生に行き詰まってしまった男と、このままではいけないと思いながらも惰性で生きている女が出会って、箱根を彷徨う。いい加減で適当で調子の良い男を演じる大倉孝二が良かった。それぞれがそれぞれの事情を抱え、相手の存在に少し安心して、これまでの人生を振り返っている。

 

 二人のやり取りや、主人公の仕事のできない後輩とか、基本的には面白くて楽しめる。だけど、二人がともに行動するきっかけや、母親の探し方、男はなぜ箱根で降りずにすぐに戻ろうとしていたのか、などなど本筋のストーリーが不可解なことばかりなので、素直に楽しめない自分がいた。

 

監督/脚本 タナダユキ

 

出演 大島優子大倉孝二/野嵜好美/窪田正孝西牟田恵/杉作J太郎

 

音楽 周防義和/Jirafa

 

ロマンス

ロマンス

 

ロマンス (2015年の映画) - Wikipedia

ロマンス | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com