BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ララピポ」 2005

ララピポ (幻冬舎文庫)

 

感想 

 すべての人に素晴らしい人生が待ち受けているわけではないという事だ。分かっていても期待してしまう。そしてかつて思い描いていた未来とのギャップに落ち込んでしまう。だけどそれでも人生は続く。

 

 誰にも憧れられないような人生を送っている人にも、人間である以上セックスに関する出来事は起こり、それがちょっとエスカレートしちゃったら面白い話になる。まぁ人それぞれに色々な人生があるわけで。こんなに世の中が人で溢れていれば。

 

 

 この本は結構売れているような気がするのだが、こんなちょっとアブノーマルな性に関するあれこれが書いてあるような内容の本をみんな読んでるのは不思議な感じがする。内容は知らずに著者名とかタイトルだけで買ってみただけとか。女性とかは取り敢えず一気に読破しておいて、こんな内容とは思わなかったとか言い訳してそう。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

ララピポ (幻冬舎文庫)

ララピポ (幻冬舎文庫)

 

ララピポ - Wikipedia

 

 

関連する作品

映画化作品

ララピポ

ララピポ

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com