BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「花嫁のパパ」 1991

花嫁のパパ [DVD]

 

 コメディーという視点で見ると別に笑えることはなかったが、普通に花嫁を送り出す父親の物語としていい映画だった。

 

 父親にとって娘の結婚というのは相当複雑なものなのだろう、と。いつまでも家族で一緒にと思っていたら、結婚して知らない男と一緒になってしまう。なのに娘は幸せそうな顔をして。娘の幸せを願うならそれは喜ぶべきことなのに、自分達と離れて暮らすことに寂しさを感じ、素直に喜べない。そんな心情がよく表れていた。

 

 逆にいつまで経っても嫁に行かない娘はそれはそれで不安になるのだろうが。

 

 アメリカの結婚式は花嫁側が費用を出すって言うのも興味深い。父親の娘へのお祝いという意味合いらしい。結婚による風習も国それぞれだ。

 

 花嫁のパパは娘も大事だが、何よりも大事なのは自分の妻だということを言っているあのラストシーンはとてもよかった。家族の最小単位は夫婦なのだと。

 

監督/脚本 チャールズ・シャイアー

 

脚本/製作 ナンシー・メイヤーズ

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

スティーブ・マーティンマーティン・ショート/キンバリー・ウィリアムズ/キーラン・カルキン/B・D・ウォン

 

音楽 アラン・シルヴェストリ

 

花嫁のパパ [DVD]

花嫁のパパ [DVD]

花嫁のパパ - Wikipedia

 

関連する作品

オリジナル作品

 

 続編

花嫁のパパ2 [DVD]

花嫁のパパ2 [DVD]

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com