BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「トム・ホーン」 1980

トム・ホーン(字幕版)

★★★☆☆

 

 アメリカ人なら誰でも知ってる人なのかよく分からないが、トム・ホーンの半生。残念ながらまったく知らない。なので正直あまり感情移入できなかった。

 

 驚くのが1900年代初頭が舞台になっていること。この時代にもまだアメリカでは西部劇的世界が広がっていたことに驚かされた。日本でも江戸時代は終わってるし。アメリカもこの頃はまだ野蛮と言ってもいいくらいの時代だったのかと。

 

 そんな時代の終焉を告げるような出来事としてこのトム・ホーンの事件は捉えられるのだろう。裁判の雰囲気がもうそんな時代じゃないのだから、というような空気があった。

 

 大自然を愛するトム・ホーンの、真実はともかく運命を受け入れ最期に向かうその姿、その達観ぶりに胸が締め付けられる。淡々とシンプルにエンディングへと向かい、見終わった後もしばらく余韻が残る。

 

監督 ウィリアム・ウィアード

 

製作総指揮/出演

bookcites.hatenadiary.com

 

出演

リンダ・エバンス/リチャード・ファーンズワース/スリム・ピケンズ

 

トム・ホーン(字幕版)
 

 トム・ホーン (映画) - Wikipedia

 

登場する著名人

トム・ホーン

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com