BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ブルーバレンタイン」 2010

ブルーバレンタイン (字幕版)

★★★★☆

 

 心がすれ違う夫婦の2日間。

 

 二人の間にどこか冷ややかな空気が流れる夫婦。どちらも互いにやり切れない思いを抱えている。この二人を不幸にしているのが互いの思いやりだというのが切ない。女は後ろめたさもあって決して男に強く当たろうとはしないし、男は怒りに任せて暴力を振るったり出ていったりする事もない。そのおかげで二人共、常にストレスがマックスに近いレベルで高止まりしている。

 

 きっと軽い喧嘩をしたり、少し互いに距離を置くことができていれば、一旦ガス抜きをしてストレスのレベルを下げることができていれば、こんな状況にはなっていなかったはず。二人は我慢を重ねすぎて、もう二人の間の溝を埋められない所までやって来てしまった。もうここまで来てしまったら、些細なきっかけでも決定的な瞬間を迎えてしまう。

 

 終わりゆく愛と同時にその愛の始まりをオーバーラップさせるように描いていて、それが余計、現在の二人の姿を切ないものにさせる。なかなか心にこたえる映画だった。

 

監督/脚本 デレク・シアンフランス

 

製作総指揮/出演 ライアン・ゴズリングミシェル・ウィリアムズ

 

出演 マイク・ヴォーゲル

 

ブルーバレンタイン - Wikipedia

ブルーバレンタイン(R15+)-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com