BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「パーフェクト・ゲッタウェイ」 2009

パーフェクト・ゲッタウェイ(字幕版)

★★☆☆☆

 

 新婚旅行先のハワイでトレッキングに出かけた夫婦が、殺人事件の犯人の男女二人組が潜んでいるかもしれないとの情報を耳にする。

 

 トレッキング中に出会うどのカップル達に対しても、すべて犯人じゃないかと疑心暗鬼になってしまう新婚カップル。途中で知り合った男と行動を共にしていたら、その先にその男の彼女が待ち受けていて、ということはカップルで、もしかしたら犯人達か?と思わせたシーンは上手かった。

 

 主役の二人は二組のカップルに疑念を抱くのだが、確かに二組とも怪しい。さんざん意味深な言動をさせて観客をハラハラさせてくれる。しかし一向に犯人が正体を表して襲いかかる様子がなく、このまま盛り上がりもなく終了?と思っていたら、とんでもない方向から犯人が現れた。でも驚いたというよりも戸惑ったという方が正しい。

 

 自分たちが犯人と思われないために、第三者を意識して演技するのは当然あることだが、この犯人たちは完全に二人だけのときにも演技をしていたことになる。そうなると、その演技は誰のために演技をしていたのだろうか。もう単純に観客を騙すためにしていたとしか思えず、観客を意識しているということ自体、無理がある。実は各カップルにカメラマンがついているリアリティ番組でした、というオチなら納得できるが、それ以外の説明だったら受け付けられそうにない。

 

 犯人が現れてからは結構なアクションが展開されるのだが、どう考えても納得出来ないと、それまでのシーンを反芻しながら考えていたので、全然頭に入ってこなかった。ただ、ミラ・ジョボヴィッチはいい額のかたちをしているから、オールバックがよく似合うなー、とぼんやり思ったのは覚えている。

 

監督/脚本 デヴィッド・トゥーヒー

 

出演 ミラ・ジョヴォヴィッチスティーヴ・ザーン/キエレ・サンチェス/ティモシー・オリファントマーリー・シェルトンクリス・ヘムズワース 

 

パーフェクト・ゲッタウェイ - Wikipedia

パーフェクト・ゲッタウェイ(R15+)-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com