BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「マチェーテ・キルズ」 2013

マチェーテ・キルズ(字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 アメリカ大統領にメキシコの麻薬王の殺害を依頼された主人公、マチェーテ。

 

感想

 本編に入る前に偽の映画の予告編が流されて、いきなりニヤニヤさせられる。安っぽい量産映画に対する監督の愛情がたっぷりと詰め込まれていることが良く分かる。エクスプロイテーション映画と呼ばれるこの手の映画は、日本だとVシネマがそれにあたるのかもしれない。

 

 主人公が無敵すぎたり、奇妙な武器が出て来たり、簡単に人が殺されまくったり、安っぽいパロディが繰り広げられたりと荒唐無稽なシーンの連続。こんな内容なのにメル・ギブソンやアントニオ・バンデラス、キューバ・グッディング・ジュニア、レディ・ガガ、カルロス・エステベス(チャーリー・シーン)ら豪華俳優陣がノリノリで演じているのも良い。

 

 

 個人的にはミシェル・ロドリゲスとアンバー・ハードの女同士の戦いが、面白くて好きだった。それと妙にヘリコプターの回転するプロペラに巻き込まれて死ぬシーンが多いのも笑ってしまった。何かっていうと巻き込まれるな、と。

 

 そんなB級映画への愛に溢れた映画だが、ちょっと愛が溢れすぎたのか色々と詰め込み過ぎて途中でダレてしまった。一つ一つは面白いのだが、疲れてしまうというか。ストーリーもその分、ややこしくなってしまっている印象。

 

 段々と見るテンションが下がりながらクライマックスに向かっていったのだが、意外な結末が待っていた。まさかここで最初に流された予告編が生きてくるとは思わなかった。最後にまたニヤリとさせられてしまった。尻すぼみだったなと思っていたらそんなエンディングで、なんだか嫌いになれない映画。というかやっぱり好きだわ、ロバート・ロドリゲス。

 

スタッフ/キャスト

監督/原案/製作/撮影/編集 ロバート・ロドリゲス

 

出演 ダニー・トレホ/ミシェル・ロドリゲス/ソフィア・ベルガラ/アンバー・ハード/アントニオ・バンデラス/キューバ・グッディング・ジュニア/ウォルトン・ゴギンズ/ウィリアム・サドラー/デミアン・ビチル/メル・ギブソン/カルロス・エステベス/レディー・ガガ/ヴァネッサ・ハジェンズ/アレクサ・ヴェガ/トム・サヴィーニ/ウィリアム・サドラー/ジュリオ・オスカー・メチョソ /エレクトラ&エリース・アヴェラン/イーロン・マスク

 

マチェーテ・キルズ(字幕版)

マチェーテ・キルズ(字幕版)

  • 発売日: 2014/08/19
  • メディア: Prime Video
 

マチェーテ・キルズ - Wikipedia

マチェーテ・キルズ (R15+) | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

関連する作品

前作 

マチェーテ (字幕版)

マチェーテ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com