BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アメリカン・エネミーズ」 2009

アメリカン・エネミーズ [DVD]

 

 観終わってまず思ったのが、なんでこのタイトル?アメリカ全土を敵に回したような感じだけど、実際は一つの街でのマフィアの争い。邦題だけど。

 

 で、内容は個人的に役者が見たことないメンツばかりだったので、誰が主役かも最初は分からず心配したが、なかなか面白かった。

 

 そろそろ引退も考えている中年のマフィアが、ボスの陰謀により事件に巻き込まれ、闘う、というまぁ良くあるお話なのだが、主役のエリック・ロバーツがいい。普段は物静かで穏やかだが、いざとなると冷静でためらいが無い。枯れた感じを醸し出しつつも、プライドも感じさせる。その長年の経験から出てくるセリフも渋い。

 

 ド派手と呼べるアクションシーンはなく、ほとんどガン・アクションであるが、それがまたシンプルで、見ていて気持ちいい。みんな派手に死んでいくし。ロバート・ダヴィ演じるボスが、背中を向けてエリック・ロバーツを待ち受けてるのがカッコ良かった。

 

 ドンパチやって、結局女が生き残ると。

 

監督/脚本 ジェシー・V・ジョンソン

 

出演 エリック・ロバーツ / ロバート・ダヴィ / マイケル・アイアンサイド / キース・デヴィッド / ジェフリー・ルイス

 

アメリカン・エネミーズ [DVD]

アメリカン・エネミーズ [DVD]

 

アメリカン・エネミーズ - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする