BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ペイルライダー」 1985

ペイルライダー(字幕版)

★★★☆☆

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

 

 ゴールドラッシュの時代。金採掘の利権を町の権力者に狙われ窮する集落の人たちの前に青白い馬に乗ったひとりの牧師が現れる。

 

 ペイルライダーってタイトルは聖書から来てるらしい、ってことを見終わった後に調べて分かった。多分これを知って見るのと知らずに見るのは大違いなんだろうな。牧師なのに人を殺していいの、とかの疑問も何となく解ける。欧米の映画にはこうしたことが往々にしてあるのでやっぱり聖書の知識は持っておくべきなんだろうな。

 

 最初は静かに物事が進み、イーストウッドもおとなしい。しかし次第に町の権力者による仕打ちに集落の人間の不満はたまり次第に機は熟していく。そして、機が熟した時の非の打ちどころのないくらいのイーストウッドの超人ぶり。もう見せ場がないくらい圧倒的に強い。何か対する保安官との確執めいたものを匂わせるがそれの説明もなく一気に片を付けてしまった。あっけなさ過ぎて物足りなくも感じるが多分聖書的な意味合いとして成立するんだろうな。などと何でも聖書にこじつけたくなる。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

マイケル・モリアーティ / キャリー・スノッグレス / リチャード・ディザード / チャールズ・ハラハン / クリストファー・ペン

 

ペイルライダー(字幕版)
 

 

広告を非表示にする