BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「雨に唄えば」 1952

雨に唄えば (字幕版)

★★★☆☆

 

 サイレント映画のスターがトーキー映画に挑戦する。

 

 サイレントからトーキーへの切り替わり時期はいろいろ苦労があったのだろうな。今だとサイレント映画と聞くだけでちょっと身構えてみてしまうほど退屈なイメージがあるが、当時はトーキー映画に否定的な意見もあったというのが面白い。いつの時代も新しいものが出てくると必ず否定する人間が存在する。今だと何になるのだろう。否定的な意見も多いがやがて主流になっていくもの。それも結局時代が経たないとわからない。

 

 あまりにも有名な雨の中で歌い踊るシーン。このシーンはやっぱり良かった。曲もいいし、ダンスもいい。雨も気にならないぐらいうれしい気持ちが伝わってくる。だが、あとはおおむね退屈。

 

 なんでヒロインは最初、映画に興味ないなんて言ったのだろう。それからサイレント映画の人気女優はなんだか気の毒。性格が悪かったからあれだけど、そんなにヒールにならなきゃいけないほどではない。声が変なだけで。

 

監督 ジーン・ケリー / スタンリー・ドーネン

  

出演 ジーン・ケリー / デビー・レイノルズ / ドナルド・オコーナー

 

雨に唄えば (字幕版)

雨に唄えば (字幕版)

 

雨に唄えば - Wikipedia

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com