BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX」

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX<特別編> [DVD]

★★★★☆

 

監督 チャールズ・ハーマン=ワームフェルド

 

 弁護士の女が仕事をクビになり、法律を変えるために政界に挑む。

 

 リーズ・ウィザースプーンはこういう役がぴったりだ。完璧な美人がこういう楽観的で能天気な役をやってしまうと非の打ちどころがなさ過ぎて嫌味に感じて反感を買いそうだが、彼女ぐらいの容姿ならそれが愛嬌に感じてちょうどいい。親近感が感じられる。

 

 難しく考えないで楽観的でポジティブにハッピーを追い求めていくと意外といい結果が訪れるかもなって気にさせてくれる映画。

 

 良く考えてみると彼女を救うのはコネクションなのだが、それでもそれは彼女の性格が築いたコネクション。だから打算的でなく彼女のように純粋な気持ちでこころから応援してくれる。途中の馬鹿騒ぎはちょっとしんどいけど。

 

 それに引き替え政治家は長い間やっていると政治家でいることが重要なのか、信念を通すことが重要なのか本人ですら訳が分からなくなっている。信念を通すためには政治家で居続けることが重要っていう論理なのだが、そんな山ほどやりたいことが本当にあるのだろうか。本当に実現させたいことなんてきっと一つか二つしかないはずなんだから、それのみに集中すればいいのにって気の毒になる。そしてやりたい事やってさっさと辞めた方が変な争いに巻き込まれて晩節を汚さずに済むのに。

 

出演 リーズ・ウィザースプーン / ルーク・ウィルソン / サリー・フィールド / ジェニファー・クーリッジ / ジェシカ・コーフィエル

 

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX」に関連する作品