BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「コーチ・カーター」 2005

コーチ・カーター (字幕版)

★★★★☆

 

監督 トーマス・カーター

 

 スラム街の高校バスケットチームに新しいコーチが就任する。

 

 高校時代すごい選手だったとしてもなんであんなに自信満々にコーチできるのかは不思議なのだが、それよりも彼自身に信念があるからなんだろうな。彼自身がそれまでに感じてきたことを全て詰め込んでいる。

 

 この映画で語られているのはスポーツと教育の関係。プロの世界があるようにスポーツは人々を楽しませる娯楽の一つでもあるが、その役割をアマチュアの高校生に無責任に負わせてしまっていいのかって事。日本でも高校野球とかがそれにあたると言える。確かにプレーする選手たちも観客が多ければモチベーションが上がりやりがいを感じる事だろう。だけど多くの選手たちはそのスポーツに一生関わって生きていけるわけではない。いつかは別の道を歩むことになる。その時の彼らにどれくらいの生きる術が備わっているのか、それが重要だ。

 

 だけど、周りの人々は彼らのその後の人生などには全く無責任に、選手として扱う。彼らの試合を楽しみ、宣伝に利用し、彼らを持ち上げる。選手たちも勘違いしてしまう。教師ですらそれでいいって思っているのが恐ろしい。彼らの将来を考えたコーチの行動も多くの支持を集められない現実も厳しい。

 

 悪い例として一人ぐらい道を踏み外すのかと思っていたが、まるで「スラムダンク」のように舞い戻って全選手がそれぞれの思いを抱きながら戦う姿が熱い。様々な問題提起を行う映画ではあるが、単純にスポーツ映画としても楽しめるのもいい。

 

出演 サミュエル・L・ジャクソン / アシャンティ / ロブ・ブラウン / ロバート・リチャード 

 

広告を非表示にする