読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ディパーテッド」 2006

映画 ★4 洋画

ディパーテッド (字幕版)

 

★★★★☆

 

監督・製作 マーティン・スコセッシ

 

 警察に潜入したマフィアのスパイと、マフィアに潜入した警察のスパイ。

 

 香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクだけど、本家はもっと緊張感があったような気する。スパイであることを疑われないようにすること、疑いがある中でそれでも情報を送ることに。

 

 とは言え、コレはコレでそれなりの緊張感があり面白かった。相変わらずのジャック・ニコルソンの怪優ぶり。そしてディカプリオもどことなくジャック・ニコルソンに似てきた。足りないのは狂気性。

 

 しかし、マーク・ウォルバーグの役ってなんであんなに憎まれ口を叩いていたんだろう。たまに戦争映画の訓練教官でああいうキャラの人がいるけど。

 

 ラストが本家とは違ったけど、まぁこういう終わり方も納得できる。

 

製作

bookcites.hatenadiary.com

ジェニファー・アニストン

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

レオナルド・ディカプリオマット・デイモン/マーク・ウォルバーグ/マーティン・シーンレイ・ウィンストンヴェラ・ファーミガアレック・ボールドウィン

 

ディパーテッド (字幕版)
 

ディパーテッド - Wikipedia

 

関連する作品 

 

広告を非表示にする