BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「世界にひとつのプレイブック」 2012

世界にひとつのプレイブック (字幕版)

★★★☆☆

 

 妻の不倫相手に暴行し、精神病院に入院していた男が退院し、別れた妻とよりを戻そうとする。

 

 序盤はウディ・アレンの映画のような早口でまくし立てる展開で戸惑ったが、次第に慣れてきた。しかしアメリカは犯罪を犯した精神病の人間に対しての対策がしっかりしてるな。直ぐに警察が飛んで来る。

 

 序盤あんなに不安定だった主人公が、後半から冷静な人間になっているのがもやもやした。彼女とダンスの練習をするためにしっかりと薬を飲むようになり、健康的になり落ち着いてきたってことなんだろうけど。

 

 しかしこのタイトル、しっくりこないなぁ。

 

監督/脚本 デヴィッド・O・ラッセル

 

原作

世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)

世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)

 

 

出演 ブラッドレイ・クーパー/ジェニファー・ローレンスジャッキー・ウィーヴァークリス・タッカー

bookcites.hatenadiary.com

 

世界にひとつのプレイブック - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com