読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「サンセット大通り」 1950

サンセット大通り (字幕版)

★★★☆☆

 

 金に困った売れない脚本家が、かつてのスターで、今は世間に忘れられた女優と出会う。

 

 忘れ去られた大女優って言っても、まだ50で結構若い。無声映画からトーキーへの切り替わりで、消えていった女優ということなんだろうか。しかしいつの時代も昔は良かったって言っているんだな。

 

 かつての名声時代で時が止まったままのような、朽ち果てていく大豪邸に、異様なオーラを放つ執事と共に住む大女優。どこか現実感の乏しい、幻のような世界。同様に過去の人となってしまったスターたちと興じるカードゲームが印象的。あとで知ったが、実際に無声映画のスターだったバスター・キートンらが演じている。

 

 未だにスターだと思い込んでいる彼女には物悲しさを感じるが、ひょんなことから映画スタジオを訪れた際には、かつてのスタッフらを中心に彼女の周りに大勢群がり、生き生きとした表情を見せ、その色褪せない片鱗もうかがわせる。

 

 ラストの呆然と立ち尽くす記者や警察たちの間を、ゆっくり、ゆっくりと階段を降りていく最後の大演技は、喜びや狂気といった様々な感情を含んで鬼気迫るものがあった。

 

監督/脚本 ビリー・ワイルダー

 

出演 

bookcites.hatenadiary.com

グロリア・スワンソンエリッヒ・フォン・シュトロハイム/ナンシー・オルソン/ナンシー・オルソン/バスター・キートン

 

サンセット大通り (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

 

広告を非表示にする