BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「高校生ブルース」 1970

高校生ブルース

★★★☆☆

 

 妊娠してしまった女子高生。

 

 時々、仰々しい効果音が流れて笑ってしまう。怪人に変身しそうな効果音。でも、昔のテレビはこんな感じだったな、と懐かしい気持ちにもなる。

 

 現実世界ではともかく、今はフィクションでここまで重々しく女子高生の妊娠を描くことってないかもしれない。今みたいに気軽に気になることを調べられない時代は、確かにどうして良いのかも分からず、深刻に思い悩んでしまっていたんだな。なんだかんだで情報化社会は偉大だ。

 

 妊娠の問題の解決方法はなかなか衝撃的だったけど、それ以外は思わせぶりなだけの展開。硫酸のくだりはどんなとんでもないことが起きるのかと勝手にハラハラしたが、拍子抜けした。それぐらいのことをするためにあんなリスクを背負ったのか、と。まぁ、若いから何でも大げさにしたがるっていうことなのだろうけど。

 

 よく考えると大したことないストーリー。それと相手役の男子高生が、ずっと同じ顔の一本調子の演技していたのが、併せて考えると面白い。

 

監督 帯盛迪彦

 

出演 関根恵子/内田喜郎/篠田三郎/伊藤幸子/堀雄二

 

高校生ブルース

高校生ブルース

 

高校生ブルース - Wikipedia

 

関連する作品
新・高校生ブルース

新・高校生ブルース

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com