BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「バイオハザードII アポカリプス」 2004

バイオハザード2 アポカリプス (字幕版)

★★★☆☆

 

 ウィルスが蔓延し、ゾンビ化する人々の中に取り残された者たちが脱出を図る。

 

 とりあえずミラ・ジョヴォヴィッチが美人でセクシーなので観ていられる。それにしても登場する女性キャラが薄着すぎ。まぁアリなんだけど。

 

 クライマックスで実験のためにクリーチャーのネメシスと戦うよう命令されるのだけど、それを命じた少佐を倒しちゃ駄目だったのかな。仲間が捕らえられていたけど、ボスがやられたら状況は変わるだろうし。それに少佐も自分たちが避難する前に核ミサイル発射するなんて慌てすぎ。ちゃんと安全な場所まで移動してから命令を出せばいいのに。別にそんなに急ぐ必要もないのに。

 

 傲慢だった少佐の末路の描き方は良かった。

 

監督 アレクサンダー・ウィット

 

脚本/製作 ポール・W・S・アンダーソン

 

出演 ミラ・ジョヴォヴィッチシエンナ・ギロリー/マイク・エップス/サンドリーヌ・ホルト/ソフィー・ヴァヴァサー/ラズ・アドティ/ティモシー・ケイン/ジャレッド・ハリス

 

バイオハザードII アポカリプス - Wikipedia

 

関連する作品 
バイオハザード (字幕版)
 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com