BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「バイオハザードV リトリビューション」 2012

バイオハザード? リトリビューション (字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 アンブレラ社に捕まってしまった主人公。彼女を救出するためにやって来たチームと合流し、敵の施設からの脱出を図る。 

 

感想

 シリーズ5作目ともなると、だいぶ初期の頃の話などを忘れてしまっているのだが、今回は冒頭でおさらいのように今までの経緯が説明されていて有難かった。ゲームのオープニングのようでもあって、ゲームが原作の映画ならではの上手い演出方法だ。とはいいながら、 敵方のキャラクター、ジル・バレンタインについては観終わった後に調べて、あぁあの2作目に出ていた人か!と気づいたのだが。

 

 映画の内容も、もはやゾンビ映画というよりも、ゾンビも出てくるアクション映画という風になっている。しかしそれのおかげでシリーズのマンネリ化を防ぐことが出来ているような気がする。ちゃんと今回は、コテコテのゾンビ映画パートも用意されていて、ニクい構成。

 

 ゾンビも回を重ねるにつれ、色々なパターンのゾンビが出てきたが、今回登場した銃器を手にしたゾンビはちょっと反則感がある。ゾンビからは離れていれば大丈夫、という所があったが、遠くから銃を乱射しながら近づいて来られたら、正直どうしたらいいか分からない。ゾンビじゃなくても怖いのに。

 

 冒頭からノンストップでアクションシーンが続き、息つく暇もない展開。ストーリーも施設からの脱出というわかりやすいもので、シリーズ過去作の登場人物たちが再度登場したりもして、あまり深く考えずに映画を楽しめることが出来た。

 

 続編を意識したエンディングが少し醒めるが、全体としてはなかなか良い出来の映画に仕上がっている。

 

監督/脚本/製作 ポール・W・S・アンダーソン

 

出演 ミラ・ジョヴォヴィッチミシェル・ロドリゲス/ショーン・ロバーツ/リー・ビンビン/ヨハン・アーブ/ボリス・コジョー/コリン・サーモン/オデッド・フェール/中島美嘉シエンナ・ギロリー

 

バイオハザードV リトリビューション - Wikipedia

バイオハザードV リトリビューション 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com