BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「フレンジー」 1972

フレンジ― (字幕版)

★★★★☆

   

 元軍人で、今はしがないバーテンダーの男が、運悪く連続殺人事件の犯人に仕立てられる。

 

 主人公は相当運の悪い男。元奥さんは殺されるし、その事件が起きた時にたまたま現場にいた所を目撃されるし、元奥さんの持っていた現金をなぜか持ってるし、そのあともつくづく運のない事が続く。ラストもまた疑われてもしょうがない場面を目撃される。どんだけ持ってない男なんだ。いや逆に持ってんのか。

 

 わりとシリアスなシーンが続くのだが、その中でまずい料理を出す奥さんを持つ警部が面白い。決してまずいとは言えずなんとか食べたことにしようと必死に誤魔化そうとする。そして、実は結構鋭い事を言う奥さんというのもいい。

 

 なぜか印象的にシャワーシーンが挿入されるが、あれは「サイコ」を観た人に対する悪戯心なんだろうな。おっ?って一瞬なった。

 

 シャワーシーンもそうだが長回しのシーンとか時々印象的なシーンが挿まれる映画だった。

 

監督/製作

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 ジョン・フィンチ/アレック・マッコーウェン/バリー・フォスター/マイケル・ベイツ/ビリー・ホワイトロー/バーバラ・リー・ハント

 

フレンジ― (字幕版)

フレンジ― (字幕版)

 

フレンジー - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com