BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「麒麟の翼 -劇場版・新参者-」 2012

映画「麒麟の翼 ?劇場版・新参者?」【TBSオンデマンド】

★★★☆☆

 

 日本橋で一人の男が殺され、犯人と目される男は事故で意識不明の重体となっている。

 

 妙に暗黙の了解で済まされる人物が多いなと思ったら、ドラマシリーズの映画化だった。

 

 警察の敵は警察で、早く事件を切り上げたい上層部と真実を明らかにしたい現場が対立している。悪い事のようにも思えるが、そんなに悪い事でもないのかも。期限を区切ってそれまでに新たな証拠が出なかったら事件を終わらせる。事件を迅速に解決することも大事だし、冤罪を起こさないことも大事。それぞれが役割分担をしているともいえる。上層部も無理やりには事を進めてないし。ただ互いにその役割を認識していないと、冤罪が起こり放題だろうが。

 

 容疑者が意識不明でなかなか進展のない捜査の中で、真相に近づくにつれ段々といろんなものが投入されて、うるさく感じてくる珍しいパターン。格差社会だの労働問題だのいじめ問題だの被害者の家族の人権問題だの。最後の方に出てくる、容疑者の恋人の妊娠にまつわる話とかもう完全にお腹いっぱい。もうやめてとお願いしたくなるレベル。

 

 阿部寛もラストの方はただの説教おじさんになっていた。いろんな人に人の道を説いてたけど、それ警察の仕事じゃないし。調子乗ってそんなことしてたら、いつの間にか劇団ひとりと同じ道辿っているかもよと、心配してしまった。

 

監督 土井裕泰

 

原作 麒麟の翼 (講談社文庫)

  

出演 阿部寛新垣結衣溝端淳平松坂桃李菅田将暉/山﨑賢人/柄本時生黒木メイサ向井理/山﨑努/三浦貴大劇団ひとり鶴見辰吾松重豊田中麗奈

bookcites.hatenadiary.com

 

麒麟の翼 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com