BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「お日柄もよくご愁傷さま」 1996

お日柄もよくご愁傷さま

★★★★★

 

感想

 結婚式はさわりで葬式の話。人間というのは、人が死んでも意外に平気で関係ない話とか、不謹慎なお金の話とかできてしまうものだ。だけど、ふとした時に故人との想い出を思い出したり、急にその死に実感が沸いて悲しくなる。その様子がリアルだった。橋爪功の泣く姿はきた。

 

 結婚だの葬式だの出産だのいろいろありすぎで、一通りドタバタした後の静かになったエンディング。なんだかベタなオチが待っていそうだなと思っていたら、意表を突かれた。とてもいいエンディングだった。

 

 

 どうやら自分は家族を描いた映画に弱いらしい。

 

スタッフ/キャスト

監督/原案 和泉聖治

 

出演 橋爪功/吉行和子/新山千春/松村達雄/伊藤かずえ/布施博/根岸季衣/西岡徳馬/野村祐人/岸本加世子/和田アキ子/古尾谷雅人/河原崎長一郎/鈴木ヒロミツ/清水ミチコ/中西良太/吹越満/佐藤友紀

 

 お日柄もよくご愁傷さま - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com