BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「醉いどれ天使」 1948

酔いどれ天使

★★★★☆

 

あらすじ

 小さな町医者のもとを訪れたヤクザは、結核の疑いがあることを告げられる。キネマ旬報ベスト・ワン作品。

 

感想

 志村喬演じる町医者が、説教臭いし口が悪いしで、最初は全然好きになれない感じだったが、そのキャラクターが終始一貫しているので、最終的には本当に天使に見えてきた。天使というよりも、弱き心を持つ人びとを激しく叱咤する神。

 

 三船敏郎も初々しさを感じさせながらも、しっかりと存在感を放っている。彼が演じるやくざの兄貴分や親分たちが普通のおじさんに見えるほど。

 

 

 黒澤明のヤクザ嫌いがよく出ている作品。「怖いことを怖いと言うのは恥だと思っている人間は弱い人間だ」という言葉が沁みる。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

製作 本木荘二郎

 

出演 志村喬

bookcites.hatenadiary.com

木暮実千代/笠置シヅ子/久我美子/谷晃/堺左千夫

 

酔いどれ天使

酔いどれ天使

 

醉いどれ天使 - Wikipedia

 

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com