BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「勝間式超ロジカル家事」 2017

勝間式 超ロジカル家事

★★★★☆

 

  こういう類の本はたくさんあるが、この本はモデルのようなキラキラとした生活をしたいとか、ナチュラル系の雑誌のような季節を感じる手間ひまかけた生活を楽しみたいとか、そういうのではなく、そんなのどうでもいいから最低限のことはなんとかやりたい、という人に向けた本。

 

 料理、掃除、洗濯、収納といったものから、家計、ファッションの回し方まで網羅して、著者が徹底的にロジカルに考えた方法が紹介されている。そしてそのどれにも常にコスパを考慮していて好感が持てる。家事が楽になってもコストが嵩んでしまってはどうしようもない。それから、家政婦を雇っても解決にはならないという話も興味深かった。

 

 読んでいて思うのは結局、ロジカル、合理的に生活をしようと思うとミニマリスト的生活に行き着くのかな、ということ。そして、ミニマリスト的な生活の利点は、センスは必要ない、というか、センスの無さが露見しにくいということか。センスのある人とない人の差が少なくなる。

 

 逆に言うと、世の人々はセンスのある暮らしを目指してしまっているということか。雑誌で紹介されるようなモデルや芸能人のセンスの良い生活を見習って、同じようなものを買い求めたりして真似をしようとする。だけど、多くの人はそれらをバランスよく取り入れるセンスの無さや、中途半端さのために残念な状況に陥ってしまうということなのかもしれない。

 

 本書では、そもそもそんな生活は無理だと気づいた人や、元から興味が無い人が、それなりにやっているように見せられるような家事が紹介されている。そのそれなりを底上げするという感じ。それで大半のセンスの良い生活を目指している人より、快適な生活を送ることができる。

 

 ただミニマリスト的生活というのは、つまんなさそうというか味気なさそうに感じる部分がある。服は無地の三系統の色でまわすとか、ファッションセンスがないと自覚している人には、それでそれなりに見えるのなら無駄な努力をしなくて良くて楽に感じるのかもしれないが、でもたまにはカラフルな柄物を着たいとか、流行のものを身に着けたいって言う人もいるだろう。なので、本書をベースにしながら、自分なりに気持ちが納得するやり方に変えていくのがいいのかもしれない。

 

 個人的にはもっと料理の所を詳しく知りたかったが、調べたら著者のブログに詳しく書かれていた。スマートクッキングのカテゴリー。

katsumakazuyo.hatenablog.com

料理の写真をアップしたら、美味しくなさそうと言われて、コメントのアドバイスに素直に従って、器を変えたり、撮る角度を変えて試行錯誤していたのが面白かった。

 

 それにしてもダイエットや断捨離など、著者が様々なことに興味を持って挑戦し、その結果を次々と本に残していっている事に感心する。そういう環境を自分で築き上げたってことだから。料理についてもすでに本が出ていた。

勝間式 食事ハック

そして、「インスタ映えするセンスの良い写真の撮り方」っていう本も、いつか出しそう。

 

著者 勝間和代

 

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

 

 

登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

エキストラバージンの嘘と真実 スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界

らくしておいしい塩味レシピ―素材を生かす浜内マジック ノンオイル&ノンシュガー

2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム

bookcites.hatenadiary.com

断る力 (文春新書)

女の運命は髪で変わる

やせる! (光文社新書)

「シュガーブルース」

座らない!: 成果を出し続ける人の健康習慣

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com