BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「イエスマン “YES”は人生のパスワード」 2008

イエスマン

★★★★☆

 

 離婚で傷つき、あらゆるものを拒んで暮らす男が、 あるセミナーへの参加を機に何事にも「イエス」と答えるようにしたことから、人生に変化が訪れる。

 

 笑わせたいばっかりではなく、ちゃんと物語の筋を踏まえているときのジム・キャリーは面白い。こういう内容の映画を真面目に撮ってしまうと、自己啓発臭が強くなって気味の悪い映画になりそうなので、これぐらいが丁度よい。笑いながらもいろいろと考えてしまう。

 

 この映画のように何事にも「イエス」と答えることで、人との出会いや未知の体験など、今まで経験したことのないような様々な出来事に遭遇することができる。だから何でも「イエス」と答えたほうがいいとは思うのだが、遭遇する出来事の中には、出来れば経験したくない嫌な事も含まれているのが厄介だ。その嫌な事で傷つきたくないから、つい警戒して「ノー」と言ってしまう。

 

 実際主人公も結婚していなかったら、離婚の辛さを味わう可能性はなかったわけで。悲しい経験をしたくないからこそ、自分の身を守るためにノーと拒否する。だけども拒否してばかりではつまらない人生になってしまうが、かと言って主人公のように何でもイエスと言ってしまうと、それはそれで大変そうだ。

 

 要はバランスが大事で、最近の自分は「ノー」と言い過ぎていないか、時々振り返ってみる習慣を身につけるのがいいのかもしれない。今の自分が人生に対してネガティブになっているのか、ポジティブになっているのか、それを判断をする良いバロメーターになりそうだ。

 

 ジム・キャリーだけでなく、何を考えているのか分からないミステリアスな雰囲気が魅力的なズーイー・デシャネルや、説得力のある眼力のテレンス・スタンプなど他の出演者も効果的な役割を果たしている。笑えるし元気も出て、ポジティブな気分になれるいい映画だった。

 

監督 ペイトン・リード

 

原作 イエスマン “YES”は人生のパスワード

 

製作/出演 ジム・キャリー

 

出演 テレンス・スタンプズーイー・デシャネル/リス・ダービー/ブラッドレイ・クーパー/ジョン・マイケル・ヒギンズ/ダニー・マスターソン/アーロン・タカハシ/フィオヌラ・フラナガンルイス・ガスマン

 

イエスマン “YES”は人生のパスワード - Wikipedia

イエスマン “YES”は人生のパスワード 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com