BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫」 2011

これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫

★★★☆☆

 

 赤塚不二夫とその担当編集者となった女性新入社員。

 

 赤塚不二夫を演じる浅野忠信が登場した時は、キツいかな、と一瞬思ったが、見ているうちに違和感はなくなっていった。流石だ。

 

 赤塚不二夫のハチャメチャぶりを表すために、堀北真希演じる新人の担当編集者の目を通して描くのだが、彼女が彼らの世界に巻き込まれていく姿は、パワハラ感も漂って、変な意味でドキドキしてしまった。このあたりは、映画の見栄えを考慮して、編集者を原作の男性から女性へ変更した弊害が出ているかもしれない。これが男性だったらそこまで気にならなかった気がする。

 

 映画は、いつも馬鹿なことをしているが、その影には母親への思いや人生に対するある意味では冷めた視線などを隠し持っている、赤塚不二夫のキャラクターが多面的によく描かれていた。

 

 その一方で、あまり編集者との間の信頼関係や絆というものは伝わってこなかった。佐藤浩市演じる編集長の周辺の話も、もっと何かあっても良さそうなものだったが、生かせていなかった感もある。

 

 とはいえ、漫画の世界と現実の世界がごっちゃになってしまったような展開はなかなか面白かった。なんだかちゃんと赤塚不二夫の作品を読んでみたくなった。

レッツラゴン(1) オンデマンド版 [コミック] (赤塚不二夫漫画大全集)

レッツラゴン(1) オンデマンド版 [コミック] (赤塚不二夫漫画大全集)

 

 

 そして、そんな風に個性的に描いていたのに、ラストがすごい普通で、あれ?となってしまった。

 

監督/脚本 佐藤英明

 

脚本 君塚良一

 

原作 赤塚不二夫のことを書いたのだ!! (文春文庫)

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

堀北真希阿部力木村多江いしだあゆみ新井浩文佐藤正宏梅垣義明

bookcites.hatenadiary.com

 

これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫 - Wikipedia

これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com