BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「バンディダス」 2006

バンディダス (字幕版)

★★☆☆☆

 

 アメリカの銀行の手先に共に父親を殺された二人のメキシコ人女性が、復讐のためにコンビを組み、次々と銀行をおそう。

 

 面白くなりそうな雰囲気を漂わせながら映画は始まるのだが、どうにも忙しなく騒々しいテンポ。よく言えば「息つく暇もない」だが、悪く言えば緩急も間もなく、上っ面だけの空回りする展開。

 

 何をそんなに急いでいるのか、それともこれがラテンのリズムなのか。何となく昔よくあったような香港映画のドタバタコメディを思い出してしまった。

 

 ペネロペ・クルスサルマ・ハエックという二人のラテン系の美女を主演させているんだからそんなに焦らず、もう少し落ち着いたテンポでじっくりと描いて欲しかった。もしかしたら、上映時間が100分を切るように求められていたのかもしれないが。

 

 ストーリー自体はベタではあるがそんなに悪くもなく、うまくやればシリーズ化とかできそうな感じではあった。でもこの出来では、二人の美女の間で争いのだしに使われるスティーヴ・ザーンが羨ましい、という感想ぐらいしか出てこない。

 

監督 ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ

 

脚本/製作 リュック・ベッソン

 

出演 ペネロペ・クルスサルマ・ハエックスティーヴ・ザーン/ドワイト・ヨアカム/サム・シェパード

 

音楽 エリック・セラ 

 

バンディダス (字幕版)

バンディダス (字幕版)

 

バンディダス - Wikipedia

バンディダス | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com