BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「グラスホッパー」 2015

グラスホッパー スタンダード・エディション [DVD]

★★★★☆

 

あらすじ

 事件に巻き込まれて死んだ妻の復讐を果たすため、犯人の組織に潜入した元教師の男と、暗躍する殺し屋たち。

 

感想

 復讐を誓い組織に潜入した平凡な男と、命を狙われていることを知った殺し屋の男。この二人が中心となって物語は進んでいく。なかなか緊迫感があり、先の読めない展開で惹きつけられる。

 

 ただ大人の事情なのか何かの罰ゲームなのか、一部を除いて出てくる役者たちがことごとく演技が下手なのが残念だった。少し現実感の乏しい難しい設定なので、演技が下手というよりも実力不足のミスキャストといった方がいいかもしれない。ちゃんと演じられる役者がそろっていれば、もっとビシッと決まったいい映画になったはず。

 

 

 もっとも、物語自体が説得力のあるキャラクターの描き方をしていないので、役者陣にとってはかわいそうな部分がないわけではないが、浅野忠信や吉岡秀隆はそれらをちゃんと演じられていた。逆にこの二人がいなかったら、結構な惨状になっていたかもしれない。彼らが出てくるまでは、かなり微妙で不安な怪しい雰囲気が漂っていた。

 

 後から振り返ってみると、結局これは何を描いていたのだ?という気にならなくもないのだが、見ている最中は次に何が起こるか、ワクワクしながら見ることができた。もうちょっと吉岡秀隆演じる殺し屋とかの活躍も見たかった気がするが、時間的な問題があったのだろう。仕方がない。

 

スタッフ/キャスト

監督 瀧本智行

 

原作 グラスホッパー (角川文庫)

 

出演 生田斗真

bookcites.hatenadiary.com

山田涼介/波瑠/麻生久美子/菜々緒/村上淳/宇崎竜童/石橋蓮司/金児憲史/佐津川愛美/山崎ハコ

bookcites.hatenadiary.com

 

グラスホッパー スタンダード・エディション [DVD]

グラスホッパー スタンダード・エディション [DVD]

 

グラスホッパー (小説) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com