BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ハイネケン誘拐の代償」 2015

ハイネケン 誘拐の代償(字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 地元の世界的ビール会社ハイネケンの経営者を誘拐した5人組。実話をもとにした作品。

 

感想

 何かでちらっと予告編のようなものを見て、「大誘拐」のように誘拐されたハイネケンが主導権を握って事を進めていくのかと思っていたのだが、全くそんなことはなく、普通の誘拐事件だった。実話をもとにしているのだから、誘拐以上のドラマチックな事なんてそうそう起きるわけがない。

大誘拐 RAINBOW KIDS

大誘拐 RAINBOW KIDS

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 勝手に誤解して勝手に肩透かしを食っていたというのもあるが、正直パッとしない内容の映画だった。誘拐、監禁、脅迫、現金の受け取りと誘拐事件の手続きのほとんどが上手くいったというのはすごく感心するのだが、それぞれの描き方がすべて中途半端。

 

 警察の動きを詳細に描くわけでもなく、犯人の興奮や焦りを丁寧に描くわけでもなく、仲間同士の微妙な関係の変化も誘拐した犯人とのやり取りもすべて断片的だ。誘拐事件の一部始終を描いているわりには、結局すべてがどうだったのかが良く分からない。なんで警察にばれたのかすら分からない。

 

 

 結局、誘拐は上手くいったが仲間割れして駄目になっちゃったという、これもまたよくある話。この映画はそんなよくある誘拐事件の何が描きたかったのだろうかと考えてしまった。

 

スタッフ/キャスト

監督 ダニエル・アルフレッドソン

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

サム・ワーシントン/ジム・スタージェス/ライアン・クワンテン

 

ハイネケン 誘拐の代償(字幕版)

ハイネケン 誘拐の代償(字幕版)

  • 発売日: 2015/12/22
  • メディア: Prime Video
 

ハイネケン誘拐の代償 - Wikipedia

ハイネケン誘拐の代償 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com