BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「秋日和」 1960

秋日和

 

 小津作品初めて見た。イメージでは登場人物が無表情に独白調に話す、暗くて眠い映画かと思ってたけど、そんなことはない。笑いあり涙ありといった人情劇。

 

 何より話の組み立てがうまい。あらすじを聞けばなんて事はないのに、見せ方がうまく、心地いい流れ。独特の映像スタイルもアクセントになっている。

 

 母親も再婚したらハッピーエンドなのか?って疑問に思って、そんな時代だったんだと納得しようと思っていたけど違って。時代が変われどもそういう気持ちは変わらないものだ。

 

 あと、この時代ぐらいまでなのかなぁ、大人がちゃんと大人らしかったのは。

 

 それから、原節子がニヤニヤしすぎで時々気持ち悪かった。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 原節子 / 司葉子 / 岡田茉莉子 / 佐分利信

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

秋日和

秋日和

 

秋日和 - Wikipedia

 

広告を非表示にする