BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「初恋のきた道」 1999

初恋のきた道 (字幕版)

★★★☆☆

 

監督 チャン・イーモウ

 

 なんでお婆さんが一人で住む家に「タイタニック」のポスターが何枚も貼ってあんの?って思ったけど、「タイタニック」方式ですよっていう暗示だったわけね。そのお婆さんの若いころの映像になりますよって言う。

 

 寒い地域だから厚手の服を着込んだチャン・ツィイーがいかにも田舎の娘らしい純情さで都会から来た教師をストーカーのように付きまとい、恋を実らせる。しかし、自由恋愛が珍しかった時代、とは言うけど、自由恋愛になったのって世界的に見てもここ100年位なんじゃないだろうか。それまでは家柄的につりあうとか政略的な思惑があったりして結婚していたわけで。もともとは他の動物のように本能の赴くままに相手を見つけていたはずなのに、いつの間にかそれが自由に出来なくなり、最近になってまた自由に出来るようになって来た。そう考えるとなんだか不思議。

 

 正直ほとんど喋ったこともないような相手をあんなにも好きになったのか分からないし、相手もそれに応えたのかよく分からない。ただ、この映画は恋愛映画ではなくて、教育って大事だよね、っていう啓蒙映画なんだろうな、と。小さな村の小さな学校でも中国各地で活躍する人々を輩出出来るなんて、教育って素晴らしいものだなぁと。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

スン・ホンレイ

 

 

初恋のきた道 (字幕版)
 

 

登場する作品

タイタニック (字幕版)
 

 

広告を非表示にする