BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ラスト・オブ・モヒカン」 1992

ラスト・オブ・モヒカン ディレクターズカット(字幕版)

★★★☆☆

 

 イギリスとフランスの植民地アメリカで繰り広げられる戦争の最中、敵軍に襲われたイギリス軍の大佐の娘達一行は、ネイティブアメリカンに助けられる。

 

 モヒカン族といいながら全然髪型モヒカンじゃない。むしろ敵の部族のほうがモヒカン。

 

 もともと部族同士の争いはあったのかもしれないが、他所から来た外国勢力の旗印のもとに互いに戦う原住民たちはどんな気分だったのだろう。

 

 しかし戦闘シーンはやっぱり原始的な武器なほうが見ていて痛い。斧とか。あの親父が持っていたでかい斧みたいなのは、実際に使われていたのだろうか。随分使いづらそうなんだが。そして敵役のモヒカンのウェス・ステューディが見るからに怖い。いい悪役っぷりだった。

 

 最後は親父がいいところをすべて持っていった。恋愛シーンより戦闘シーンが印象に残る映画。

 

監督/脚本/製作 マイケル・マン 

 

原作

モヒカン族の最後 (福音館古典童話シリーズ 30)

モヒカン族の最後 (福音館古典童話シリーズ 30)

 

 

出演 ダニエル・デイ=ルイス / ウェス・ステューディ

  

ラスト・オブ・モヒカン - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする