BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「主人公は僕だった」 2006

主人公は僕だった (字幕版)

★★★★☆

 

監督 マーク・フォースター

 

 規則正しく平凡な人生を過ごす主人公はある日、自分にだけしか聞こえない”声”が聞こえるようになる。

 

 エマ・トンプソンのナレーションがいい感じで入りつつ物語は始まる。だけど、だんだんうざくなってくる。でも、これがないと物語が成立しない。

 

 主人公は自分に死が迫っているのを意識して初めて自分の人生について考え始める。規則正しい生活をして毎日何一つ変わらない日々を過ごして何になるのだと。やりたいことをやらなくて何が人生だと。

 

 現実の世界と小説の世界が交錯する不思議な世界。主人公はその世界を受け入れようとするが、小説の世界がそれを受け入れることが出来なかった。歴史に残るような傑作よりも誰かの素晴らしい人生のほうが重要なのだ。決して歴史には残らないが。

 

出演 ウィル・フェレル / マギー・ギレンホール / ダスティン・ホフマン / クイーン・ラティファ / エマ・トンプソン

 

 

広告を非表示にする