BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「トランスポーター3 アンリミテッド」 2008

トランスポーター3 アンリミテッド (字幕版)

★★★★☆

 

監督 オリヴィエ・メガトン

 

 優秀な運び屋が犯罪組織の依頼人に強制的に仕事を引き受けさせられてしまう。

 

 まずナタリア・ルダコーワの首に彫られた漢字のタトゥーに興醒めする。でもたぶん日本人も同じ事やっているんだろうなぁ。なんか字体がかっこいいからって意味も分からず英字のプリントTシャツ着たりして。

 

 それは置いといて、車から離れられないという縛りを設けたおかげでいろんなアイデアのアクションが生み出されていて面白かった。カーアクションではなく車の付近で行わなければならないアクション。そのために強引に車を移動させたり。ただ車を追いかけたり。

 

 ジェイソン・ステイサムの冷静沈着な運び屋もシリーズを重ねるごとに普通のおっさん化してきているという気がしないでもない。女に言い寄られると応じてしまうし。それも悪くないけど相手がナタリア・ルダコーワではなんか納得いかない。ナタリア・ルダコーワが駄目というわけではなく、観客が納得するような二人の間に何かあると思わせるような何かがなかった。

 

製作/脚本 リュック・ベッソン

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ロバート・ネッパー / フランソワ・ベルレアン / ナタリア・ルダコーワ / セーム・シュルト

 

トランスポーター3 アンリミテッド - Wikipedia

 

「トランスポーター3 アンリミテッド」に関連する作品

 シリーズ第1作

 

 シリーズ第2作