BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「トランスポーター イグニション」 2015

トランスポーター イグニション(字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 父親を人質に取られ、無理やり仕事をさせられるハメになった運び屋。「トランスポータ」シリーズのリブート作品。 

 

感想

 リブート作品ということでジェイソン・ステイサムに代わって主役を務めるエド・スクライン。 高級車に乗る紳士にしては若く、若者が高級車を乗り回しているような身分不相応な感じは否めない。ただ、そもそも彼一人では荷が重いということなのか、彼の父親も登場させて親子コンビとして描こうとしているので理解できる。ジェイソン・ステイサムと姿格好が似ていては、リブートした意味がないので、新たな機軸を提示しようとしたのだろう。

 

 売春組織の女たちに脅されて仕事をすることになった主人公。それにしても人質になった父親は軽率すぎる。一度ならず二度までも捕らえられ、元スパイとは思えない危機管理能力のなさ。ただ父親のキャラクターからして、わざと捕まっている可能性もないわけではないが。

 

 

 そして主人公は脅されるままに動いているうちにエンディングを迎えてしまう。結局、彼はリアクションをしていただけで、能動的に動くことはなかった。それから運び屋らしい車を使ったアクションも少なめだった。

 

 しかし、ラストは火サス的展開だった。犯罪者を吸い寄せる崖の魔力は世界共通なのか。この映画ではもちろん犯人が観念して自白を始めることはなかったが。

 

 気軽に見る分には面白かったが、もう少し主人公の魅力が伝わる内容にした方が良かったように思う。ジェイソン・ステイサムのイメージが強すぎた感もある。続編があったら見たいかと言われると、是非、とは思わなかった。そう考えると何度も主役が変わりながらも続く007シリーズは、すごいのだなと改めて感心してしまった。

 

スタッフ/キャスト

監督 カミーユ・ドゥラマーレ

 

脚本/原案/製作 リュック・ベッソン

 

出演 エド・スクライン/レイ・スティーヴンソン/ローン・シャバノル/ウェンシア・ユー/ノエミ・ルノワール

 

トランスポーター イグニション - Wikipedia

トランスポーター イグニション 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

関連する作品

前作

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com