BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「オカンの嫁入り」 2010

オカンの嫁入り

★★★★☆

 

監督 呉美保

 

 ある日母親が若い男を連れて帰ってくる。

 

 正直、泣けます。けどそれを認めたくないっていうか、素直にいい映画だって言いたくないというか。泣かすためによく作られた出来過ぎた話。

 

 泣けるのは大竹しのぶの演技が大きい。白無垢は正直コメントに苦しむけど。娘を見つめる時とか本当にいい表情をする。この人は本当にうまいなぁと思う。

 

 事情があって結婚するからかもしれないけど、新婚らしい二人の関係が描けていないのでわざわざかなり年下の男と結婚するのも泣ける要素追加するためだけにこの設定にしたとしか思えない。

 

 京都弁?とか知り合いが勝手に家に上がりこんでくる感じとか人情味ある暮らし風にしているけど、馴れ馴れしすぎて自分だったら嫌だ。

 

原作

さくら色 オカンの嫁入り (宝島社文庫)

さくら色 オカンの嫁入り (宝島社文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

桐谷健太 / 絵沢萠子 / 國村隼

 

オカンの嫁入り

オカンの嫁入り

 

 

広告を非表示にする