BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「八日目の蝉」 2011

八日目の蝉

★★★☆☆

 

監督 成島出

 

 不倫相手の赤ちゃんを誘拐し逃走した女とそのことで苦悩する被害者家族。

 

 赤ん坊の時から物心がつき始める頃まで母親と思っていつも一緒にいた女が実は誘拐犯だったと知ったらそりゃショックだろうな。それから実の母親と一緒に暮らし始めてもまるで他人同然だしぎくしゃくするするのも仕方がない。これは一生続いてしまうことでそう考えるとかなり罪深いことだ。

 

 この映画では犯罪者の永作博美を中心として描いてるので、どうしてもこっちに感情移入してしまう。偽りだけど真の親子のように慎ましく暮らしているのを被害者家族をはじめとした世間が邪魔しようとしているように見える。

 

 この映画にはほとんど女性しか出て来ない。関係ないが余貴美子のあの存在感はすごかった。母として女としてって言ったところだがいまいちピンと来ない。女性はこれに共感するのか。でもここに出てくる女性たちはダメな男たちとしか付き合ってないわけだけど。

 

 でも永作博美の裁判での被害者家族へ云いたいことが「ありがとう」じゃダメな気がする。これはいつか終わりが来ることが分かっていて終わりまでの間いい思い出をありがとうって事だから。そこはもう一生育てるつもりで誘拐した、子供も自分の事を母親と思っているし自分が育てる方が正しいって主張しないと。じゃないと自分の良い思い出を作るためにいろんな人の人生を台無しにしたっていう事になる。

  

原作

八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

 

 

出演 井上真央 / 永作博美 / 小池栄子 / 森口瑤子 / 余貴美子

 

八日目の蝉

八日目の蝉

 

八日目の蝉 - Wikipedia

 

広告を非表示にする