読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アウトレイジ」 2010

アウトレイジ [レンタル落ち]

★★★★★

 

監督/脚本/製作総指揮/編集 北野武

 

 巨大暴力団の組長の陰謀に末端の暴力団が巻き込まれていく。

 

 単純にエンターティメントととして面白い。みんながしかめ面で真剣に争っているのになぜだか滑稽で笑えてくるから不思議だ。

 

 そして豪華な役者陣。ベテランの曲者揃いでしかも次々と殺されていく感じがたまらない。ヤクザ映画にありがちな仁義や任侠なんて関係ない。それぞれがそれぞれの思惑で相手を出し抜こうと仁義や任侠をダシにして騙し合っていて逆に気持ちい。

 

 若手の中で際立っていたのは加瀬亮。英語も話せて経済にも明るいインテリヤクザを演じる。不機嫌になると甲高い声でヒステリックに暴れるところもらしくていい。

 

 最初は暴れまわるが次第に巨大組織に追い詰められ組長が組員たちを逃がそうとするところはまるで「BROTHER」のようだと思ったが、カタルシスを得られるようなハリウッド的結末にはならずに物悲しさが余韻として残る終わり方でいかにも北野武の映画という感じだった。

 

出演 ビートたけし / 三浦友和 / 椎名桔平 / 加瀬亮 / 國村隼

 

アウトレイジ [DVD]

アウトレイジ [DVD]

 

アウトレイジ (2010年の映画) - Wikipedia

 

アウトレイジ」に関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

 続編

広告を非表示にする