BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「異人たちとの夏」 1988

異人たちとの夏

★★★★☆

 

 マンションの一室に住む男はある夜、階下に住む若い女の訪問を受けるが、追い返してしまう。

 

 死んでしまった両親と何故だか再会した主人公。彼らに会いたくて何度も通い詰めてしまう。片岡鶴太郎の威勢の良い下町の江戸っ子ぷりがいい。サバサバしていて人を惹きつける魅力を持っている。飲み屋で隣にいたらすぐに意気投合してしまいそうな。そして母親の作ってくれたアイスクリームを食べたり親子で花札をしたり。古き良き昭和の風景とも相まって、懐かしく切ない気持ちになる。

 

 しかし死んだ両親と会えることの代償に主人公は痩せ衰えていく。この痩せ衰え具合がコントレベル。多分笑わせる気なんてないんだろうけど笑ってしまった。内村光良のコントにこんなキャラクターがいたような。

 

 夢のような出来事にも結末が訪れ、主人公は一人あれはなんだったんだろうと不思議な気分になったのだろうけど、見ているこっちもなんだったんだろうと不思議な気分になった。だけど決して悪くない余韻。

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

   

脚本 市川森一

 

原作 異人たちとの夏 (新潮文庫)

 

出演 風間杜夫秋吉久美子片岡鶴太郎/永島敏行/名取裕子竹内力峰岸徹ベンガル高橋幸宏石丸謙二郎笹野高史本多猪四郎

 

異人たちとの夏

異人たちとの夏

 

異人たちとの夏 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com