BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「her/世界でひとつの彼女」 2013

her/世界でひとつの彼女(字幕版)

★★★★☆

 

 妻と別れ虚ろな日々を過ごす男が、人工知能を持ったOSと恋に落ちる。

 

 近未来の話で、その世界観が夢のような未来ではなく、ありそうなくらいの未来で面白い。人は皆スマホのようなものを持っていて、画面タッチではなく音声でメールを送っている。スパイク・ジョーンズの考える未来には、ディスプレイは存在するがキーボードはなく、ロボットもいない。人々は独り言のようにつぶやきながら街を歩いている。一人くらい馬鹿みたいに大声で喋る人がいそうなものだが。

 

 人工知能を持ったOSというのも面白いけど、鬱陶しそうだ。勝手に話しかけてきたりもする。だけどやがて恋に落ちてデートして、世間もそれを認めるようになり、しまいにはOSの言いなりになる人まで出てきたりして。

 

 そんな恋愛までできる人工知能まであるのに、主人公の職業が代筆屋っていうのもよく考えると不思議な感じ。

 

 ホアキン・フェニックスがいい表情を見せていた。スカーレット・ヨハンソンも声だけというもったいない使い方だけど良かった。

 

監督/脚本 スパイク・ジョーンズ


出演 ホアキン・フェニックスエイミー・アダムスルーニー・マーラオリヴィア・ワイルドスカーレット・ヨハンソンブライアン・コックス/アダム・スピーゲル

 

音楽 アーケイド・ファイア

 

her/世界でひとつの彼女 - Wikipedia

her/世界でひとつの彼女-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com