BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ブロンソン」 2009

ブロンソン (字幕版)

★★★☆☆

 

 郵便局強盗で収監された男は、刑務所内で暴れることに生きがいを見出す。実話を基にした物語。

 

 イギリスで最も有名な囚人らしいが、犯した罪としては郵便局強盗と宝石強盗だけで、犯罪者としては極悪非道というほどではなかったりする。刑務所内で暴れるだけなら一般に迷惑をかける訳でもなく、刑務官にも良い訓練になって、まぁ別にいいのかなって思わなくはない。

 

 しかしこの主人公は何か不満があるから暴れている、というわけではないのが不思議な所。時に人質を取って立て籠もったりするが、どんな要求があるのか尋ねられても曖昧な返事を返すだけ。刑務官らが突入してくるのをただひたすら待っている。これはもう一種のスポーツやゲームのようなものなのかもしれない。次第に微笑ましくすら見えてくる。

 

 主人公が名乗っている名前のもととなった俳優のチャールズ・ブロンソンについて所長に説明する時に、刑務官たちが若干熱くなっているのが面白かった。え、「狼よさらば」ですよ、知らないんですか?みたいな。

狼よさらば (字幕版)               

 

監督/脚本 ニコラス・ウィンディング・レフン

 

出演 トム・ハーディ/マット・キング/ジェームズ・ランス/アマンダ・バートン/ケリー・アダムス

 

ブロンソン (字幕版)

ブロンソン (字幕版)

 

ブロンソン - Wikipedia

ブロンソン-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com