BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「夏への扉」 1956

夏への扉[新訳版]

★★★★☆

 

  自ら設立した会社を乗っ取られた技術者は、飼い猫と共に30年間の冷凍睡眠に入る決意する。

 

 主人公の技術者が、なるべく既製品を使うとか、故障が起きやすい箇所はなるべく減らすとか、修理は交換で済むようにするとか、その考え方にいちいち感心してしまう。いつの時代でも良い技術者になれそうだ。

 

 タイムトラベルものとして、そんなすごい展開があるわけではないけど、タイムパラドックスやらなんやらでややこしくなりすぎず、すんなりと理解できて楽しめる物語。

 

だが、畜生、何度火傷しようと、ひとを信用しなければならないときがあるのだ。

p299

 

 そしてディストピア的未来ではなくて、明るい未来を信じているような前向きな世界観なのが好感が持てる。普通に生きていても、ついつい昔は良かったと言ってしまいがちなのに。常に良い面を見ようとしているのが良い。そして、ちゃんと猫を登場キャラクターの中の一員として、丁重に扱っているのも良い。

 

著者 ロバート・A・ハインライン

 

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

 

夏への扉 - Wikipedia

 

登場する作品

The Sleeper Awakes

Time on My Hands

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com