BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「その男ヴァン・ダム」 2008

その男 ヴァン・ダム(字幕版)

★★★★☆

 

 離婚問題などで疲れ果て、故郷のベルギーに一時帰国したジャン=クロード・ヴァン・ダムが、郵便局で強盗事件に巻き込まれる。

 

 冒頭の割と凄い長回しのアクションシーン。映画の中では敵が何人いようと、彼ならなんとかしてしまう。でも、実際に事件に巻き込まれると映画のようにはいかない。正直、無いだろうなと思いつつも、ヴァン・ダムがなんとかしてくれるんじゃないかと期待してしまっている。

 

 ただ、この映画の中で一番面白かったのは、アクション映画好きの犯人の一人がヴァン・ダムと映画の話をして、ジョン・ウーの悪口をいう所。こういう映画のネタ話をもっとして欲しかった。

 

 映画のようにはいかない現実だが、それでもヴァン・ダムはちゃんと犯人に意見を言ったり、なんとか解決しようと提案もしていた。きっと実際にこんな事が起きたら、犯人もきっと映画のイメージで意見を聞いてしまうのだろうな。で、きっとヴァン・ダムもそれらしいことを言わなければなくなる。

 

 時々よくわからない箇所もあったが、全体的に細かい笑いが散りばめられていて気楽に楽しめる作品。

 

監督/脚本 マブルク・エル・メクリ

 

製作総指揮/出演 ジャン=クロード・ヴァン・ダム

 

出演 フランソワ・ダミアン/ジネディーヌ・スアレム/カリム・ベルカドラ/ジャン=フランソワ・ウォルフ

 

その男ヴァン・ダム - Wikipedia

その男 ヴァン・ダム-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com