BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「薄桜記」 1959

薄桜記 [DVD]

★★★☆☆

 

 高田馬場の決闘を機に知り合った丹下典膳と堀部安兵衛が、一人の女性を存在によって数奇な運命に翻弄される。

 

 セリフは聞き取りづらいが、吉良邸討ち入りに向かう冒頭のシーンや橋の上での決闘シーンなどクールな映像表現が随所に見られる。

 

 高田馬場の決闘から生じた様々な因縁が、二人の人生を大きく変えていく。しかし丹下典膳の妻に対する態度はあまり理解できない。妻が乱暴されたのに妻が悪いみたいな捉え方は、インドあたりでたまに聞くニュースのような考え方。本人的には、世間体や武士としての面目など色々、思い悩んではいるようだが。

 

 最後の片腕で足も怪我をした瀕死の主人公・丹下典膳が地面に這いつくばりながら敵と対決するシーンはちょっと凄い。相手も相手で、そんな人間に大勢で襲いかかるなんて、人としてどうなんだと非難を浴びそうではある。とはいってもそんな相手に負けているのだが。

 

 ところでこの映画のチャンバラシーンで少し違和感を感じていたのだが、理由は効果音が入っていないからだった。効果音を入れるようになったのは黒澤明の「椿三十郎」からなのか?

 

 堀部安兵衛演じる勝新太郎は、目がクリクリして可愛らしいが、とっちゃん坊やみたいであまりカッコ良くはない。彼は歳を重ねてカッコ良くなっていったのか。人間には色んなタイプがある。

 

 忠臣蔵ならクライマックスとなるシーンの直前でエンディングを迎えるという、秀逸な構成。勿論その結果は知っているので、この物語と忠臣蔵の映画を観られたような、2度美味しい展開になっている。

 

監督 森一生

 

原作 薄桜記 (新潮文庫)

 

出演 市川雷蔵勝新太郎/真城千都世/三田登喜子/大和七海路

 

薄桜記 [DVD]

薄桜記 [DVD]

 

薄桜記 - Wikipedia

薄桜記-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com