BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「行きずりの街」 2010

行きずりの街

★★☆☆☆

 

 行方不明になった教え子を探しに東京にやってきた塾講師。

 

 主人公が何考えているか良くわからないはっきりしない男で、キャラクターがまずいのか、演じる仲村トオルの演技が下手なのか、判断が難しい。

 

 主人公が探偵のような第三者的立場で行方不明の元教え子に起きた出来事を追っていくのかと思ったら、主人公自身もワケありだったという展開。塾講師の割には高い調査スキルでぐいぐいと元教え子を追う。と思ったら、突然昔の女に会いに行ったり、かつて勤めていた学校の不審死事件に急に興味を持ったりと謎の行動。本気で元教え子を探す気があるのかと疑ってしまう。

 

 そしたらなんと、昔の女の件と不審死事件と元教え子の件が一つにつながるというまさかの奇跡。そういうことなら、逆に知ってたの?と疑いたくなる程、主人公は的確な行動を取っていたということになる。

 

 結局主人公は二兎を追って二兎を得ることができた。運が良かったというよりは、こうなる前提で動いていたとしか思えなくて納得できず、モヤモヤしたものが残る。

 

監督 阪本順治

 

脚本 丸山昇一

 

出演 仲村トオル小西真奈美南沢奈央菅田俊佐藤江梨子谷村美月杉本哲太ARATA窪塚洋介石橋蓮司江波杏子うじきつよし/でんでん

 

行きずりの街

行きずりの街

 

行きずりの街 - Wikipedia

行きずりの街-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com