BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「隣人13号」 2005

隣人13号

★★☆☆☆

 

 子供の頃にイジメられ、2重人格になった男が、復讐を果たすためにイジメた男と同じアパートに住み始める。

 

 過酷なイジメにより別の人格が出来てしまった男。2つの人格の間で葛藤をしながらも、復讐にむかう。しかし、顔に硫酸をかけられるとか、それってもうイジメとかじゃないと思うのだが。 

 

 その2つの人格を小栗旬中村獅童が演じているのだが、分かりづらい演出。ただ小栗旬を全裸にしたかっただけのようにも見える。尖ったことをしようとして失敗してしまったような。

 

 よく分からないなりにもテンポはよく、それなりに途中までは観ることが出来た。新井浩文が相変わらずの得体の知れない感を醸し出していて、惹きつけられる。そして元ヤンで彼の妻役のPuffy吉村由美も良かった。演技というよりも元ヤン感が。元ヤンの女性って、そこはかとなく元ヤン感を出しているが、あれは何故なんだろうか。ケバさだったり、少しだらしなさそうなファッションだったり、独特の文化の名残があるからなのかもしれない。

 

 主人公が復讐を果たすクライマックスからエンディング。ここぞとばかりに中村獅童がクレイジーっぷりを発揮しているが、本人楽しそうだなー、満足してそうだな-、しかし長いな-、このくだりそんなに必要か?としか思わなかった。役者に自由にやらせすぎ。ここからエンディングまでが急に冗長になって、グダグダ感が半端ない。イライラした。

 

 イジメの復讐をするのはまぁいいとして、それ以外の関係のない殺人はどうなんだろう。昔ひどいイジメを受けたからこれぐらいいいのだ、とイジメを理由にされたら、全然納得できないが。

 

監督 井上靖雄

 

原作 隣人13号 全3巻完結 (バーズコミックス) [マーケットプレイスコミックセット] [コミック] [コミック] by [コミック] by [コミック] b...

 

出演 中村獅童小栗旬新井浩文吉村由美三池崇史

 

隣人13号

隣人13号

 

隣人13号 - Wikipedia

隣人13号(R15+) | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com