BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キツツキと雨」 2012

キツツキと雨

★★★☆☆

 

 山仕事に向かう途中で映画撮影班と出会い、いつの間にか彼らの撮影に巻き込まれていく男。

 

 最初は田舎の人間特有の人の良さで、映画スタッフに半ば無理やり手伝わされ、しかしやがて映画づくりの面白さに目覚めて、積極的に協力するようになる男。そんな男を可笑しみを交えつつ、役所広司が熱演している。

 

 派手ではないが、静かにこみ上げてくるような笑いが散りばめられていて面白いのだが、映画全体として盛り上がりに欠ける印象。淡々と物語が続くので、2時間を超えるあたりから段々とこちらのテンションが持たなくなってきて、とても長く感じてしまった。主人公の妻の三回忌のシーンのあたりから間延びしてしまった印象。

 

 そして役所広司は頑張っていたのに、もうひとりの主役、小栗旬はあまり見せ場がなかった。はっきりしない気弱な監督役だが、こんな何もできなそうな人間がなんで監督に抜擢にされたのかが良くわからなかった。二人のバランスをもうちょっと考えてあげればよかったのに。

 

 それから、短い登場で抜群の存在感を放った山崎努が流石だった。

 

監督/脚本 沖田修一

 

出演 

bookcites.hatenadiary.com

小栗旬高良健吾臼田あさ美古舘寛治嶋田久作平田満伊武雅刀山崎努/りりィ

 

キツツキと雨

キツツキと雨

 

キツツキと雨 - Wikipedia

キツツキと雨 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com