BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ハングリー・ラビット」 2012

ハングリー・ラビット(字幕版)

★★★☆☆

 

 妻が襲われ悲嘆に暮れる夫に、謎の組織から犯人の殺害を持ちかけられる。

 

 謎の私刑組織に頼ってしまったばかりに、事件に巻き込まれてしまった主人公。見返りに組織への協力を強要される。タダほど高いものは無いという見本のような展開。ヤクザのやり口。

 

 ただ元々は、法に頼っても納得できる裁きが下されないという不満から結成された正義のための組織。その正義が暴走した、というのはよくあることだが、それで元は被害者やその身内が苦しんだり、果てには殺されそうになったりまでするのはなんか納得がいかない。

 

 それにしても、身内が被害にあった人が多すぎるんじゃないかと思うのだが。アメリカ社会がこれにリアルを感じてしまっているのなら、その事自体に闇を感じてしまう。公権力が信頼できず、それぞれが正義を叫んで、互いに争っている。

 

 映画的には、もうちょっと悪役になっているガイ・ピアース演じる組織の人間の正義感を丁寧に描いたほうが良かった。ただの悪役ではなく、正義の為にやっていたのにいつの間にか道を間違えてしまったやるせなさや、もっと言えば正義が果たされなくなった社会の歪さなんかも浮き彫りにすれば、映画としてはかなり深みが出たような気がする。

 

監督 ロジャー・ドナルドソン

 

製作 トビー・マグワイア/ラム・バーグマン/ジェームズ・D・スターン

 

出演 ニコラス・ケイジジャニュアリー・ジョーンズガイ・ピアースハロルド・ペリノージェニファー・カーペンターザンダー・バークレー/アイアン・E・シングルトン

 

ハングリー・ラビット(字幕版)
 

ハングリー・ラビット - Wikipedia

ハングリー・ラビット | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com