BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「修羅雪姫」 2001

修羅雪姫

★★☆☆☆

 

 暗殺組織を抜けた女が、追手から逃れ、ある男の家にたどり着く。

 

 開国をしないで鎖国したままの国というパラレルワールドでの物語。縦長のPCモニターやアルファベットのない看板など、頑張っていたとは思うのだが、どうにもチープさがつきまとう。ディテールにこだわりは感じるのだが、全体像は提示されないのでリアリティを感じない。これは予算的な問題なのかもしれないが。

 

 組織を抜けて追われる女。ただ、弾圧する国家権力側の暗殺組織の内ゲバ的な話なんて知らんがな、というのが正直な所。本当は組織に忠誠を誓い、命じられるままに人を殺してきた釈由美子演じる女が、自分の母親を殺したのはその組織だったと知り、怒り悲しみ苦悩でもしてくれたら、すこしは感情移入できたのかもしれない。ただ実際は、忠実に仕事をこなしていたのに、真実を知った瞬間、躊躇なく裏切ってしまって、妙に淡白。その後も人間性を回復していくというわけでもなく、やっぱりそんなんじゃ応援する気になれない。

 

 そして物語として今いちなのは、主人公が強いのはいいのだが、全部受け身だということ。ただ襲いかかる追手を倒しているだけ。母親の仇なんだから、待ってないで自分から倒しにいけよ、と。あまり主人公の意志が感じられず、見ていてもカタルシスを得られない。そもそも本当はどういうつもりだったのか、聞きたくなる。

 

 なかなかのアクションを見せてはいるのだが、それも含めて、音楽やアフレコ、男女の描き方、妙に時代がかって古臭く見えてしまうのは何故だろう。まぁ実際に20年近く前の作品なので古いのは間違いないのだが、サイクル的にちょうどその頃の作品が古臭く感じてしまう時期なのかもしれない。また10年ぐらい経ってから観ると、何周かしてまたイケてるように見えるのかも。そんなことはないような気もしなくはないが。

 

監督/脚本 佐藤信

 

原作 修羅雪姫 1~最新巻(キングシリーズ) [マーケットプレイス コミックセット]

 

アクション監督 ドニー・イェン

 

特技監督 樋口真嗣

 

出演 釈由美子伊藤英明佐野史郎真木よう子六平直政松重豊塚本高史嶋田久作

 

修羅雪姫

修羅雪姫

 

修羅雪姫 - Wikipedia 

修羅雪姫 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

 関連する作品

 原作が同じ

修羅雪姫

修羅雪姫

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com